気になるワイン その852021年4月25日(日)

 
Grosso_Sanese2015
 
 

 キアンティの女神に出会いました。♫

 
 

 とりあえず、簡単な説明を。
 

<赤>
 2015 キアンティ・クラッシコ・グロッソ・サネーゼ(イル・パラツィーノ)
 2015 Chianti Classico Grosso Sanese Podere Il Palazzino
 生産地:イタリア,トスカーナ州キアンティ・クラッシコDOCG
 生産者:ポデーレ・イル・パラツィーノ
 品 種:サンジョヴェーゼ100%
 

 トスカーナと言えば「キアンティ」。イル・パラツィーノのこのキアンティ・クラッシコは、ここの最良の畑からのワインです。1981年から造られています。そして「グロッソ・サネーゼ」とはイタリア語で「偉大なるシエーナのワイン」という意。
 そのしなやかな味わいは、まさに「キアンティの女王」です。キアンティというより「イタリアの赤ワイン」を代表する1本です。
 

 と、まこんな感じの赤です。
 
 

 1998年に初めてグロッソ・サネーゼ1994VTを飲んだ時の衝撃は今でもはっきりと覚えています。
 その美しいサンジョヴェーゼのルビーの輝きと繊細なニュアンスにすぐさま虜になりました。
 それまで私の飲んでいたキアンティは一体なんだったのだろう!?と。
 

 それ以来、私の超お気に入りのキアンティだったのでした。

 

 それから数年後、確か1996VTからだったと記憶していますが、醸造責任者が変わって、アメリカ人好みの肉厚で甘みのあるモダンなスタイルへとガラリと変わってしまったのです。(泣)
 

 ところが、ところが、2010VTより元の繊細な造りにまた戻ってきたのです!
 

 このあたりの紆余曲折については「気になるワイン その46」を参照してください。

 
 

 この良質なブルゴーニュのようなスタイル!
 

 カシス、アメリカンチェリーや枯葉などの香り。一口含むとサンジョヴェーゼ特有のしっとりと調和のとれた果実味と酸味が感じられ、何ら違和感無くするりと胃袋に落ちていきます。最良のワインだけが持つ典型的な「濃くて軽い」スタイルです。
 
 

 感動です!!
 

 このワインに比肩しうるのは、今となっては伝説となってしまった、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ(詳しくは「気になるワイン その59」を参照してください)の造るキアンティ・クラッシコ・リセルヴァぐらいなものでしょう。

 
 

 かつて、マルク・デ・グラツィアはこのワインを評して「キアンティのイーリス(ギリシャ神話における虹の女神)」と言いました。
 

 そうなんです。

 
 

 まさに女神の降臨です。
 
 

 みなさまも、ぜひ。

 
 

 さて、気になるお値段は,…。

 
 

 5,170円(税込)です。
 
 

 ではでは。