Special Event

北海道ワイナリー紀行 その42017年9月1日(金)

 

DSC_2160

DSC_2160


 
 

 北海道ワイナリー紀行の最後をしめくくるのは、タキザワワイナリーさんです。
 
 

 代表の滝沢信夫さんがお出迎えしてくださいました。2013年設立のできたてほやほやのワイナリーです。
 

 ピノ・ノワールとソーヴィニョン・ブランを主に栽培されており、野生酵母で醗酵させ、酸化防止剤もほとんど使用しておられません。
 

 北海道の大地の力を最大限にひきだすことを主眼に置いておられます。
 

 滝沢さんは、2004年よりブドウの樹を(何と50歳代で!)ここに植え始め、可能な限り自然な姿のワインを造り出そうとしておられます。それはドメーヌ・タカヒコさんと同様のアプローチのように思えました。
 

 日本ワインも、「ウスケボーイズ」のボーペイサージュ岡本さんを筆頭に北海道ではドメーヌ・タカヒコさんやタキザワワイナリーさんのように「自然派」の台頭が目覚ましいです。

 

 滝沢さんで今回の北海道ワイナリー紀行は終了です。
 

 4件のワイナリーを訪問させていただきましたが、四者四様というべきでしょうか、それぞれの個性が明快にでていました。
 
 

 いや〜北海道って楽しいですね♥

 
 

 最後になりました。
 オチガビワイナリーの落さん、ドメーヌ・タカヒコの曽我さん、山崎ワイナリーの山崎さん、タキザワワイナリーの滝沢さん、本当にありがとうございました!!!
 
 

 このあとのランチはサッポロビール園でジンギスカン食べ放題&生ビール飲み放題で旅の疲れをいやしました。
 
 

 おわり。

北海道ワイナリー紀行 その32017年8月31日(木)

 

DSC_2097

DSC_2097


 
 

 翌日は、ホテルを6時30分に出発です。←早い!
 
 

 めざすは、三笠市の山崎ワイナリーさんです。
 
 

 8時到着。さっそく山崎太地さんにブドウ畑を案内してもらいます。
 

 ここは家族経営のワイナリーです。
 兄の山崎亮一さんがワインの醸造を弟の太地さんがブドウ畑の栽培を担当されています。
 

 ワイナリーの仕事に従事されている人たちというのはとかく職人気質で寡黙な印象の方が多いのですが、山崎さんの饒舌なことといったら、…。私たちを本当に楽しくさせてくれる人でした。
 

 ここの畑の特性(テロワール!)や品種の説明もわかりやすく、誰もがうなずいてしまいます。
 

 素敵なことにここ山崎ワイナリーさんでは、ほぼ無農薬有機栽培を実践されており、ワインは野生酵母で醗酵させておられます。
 
 

 さて、お楽しみ、8月5日新リリースのワイン7種の試飲です。
 

 ピノ・グリ2016,ソーヴィニョン・ブラン2016,シャルドネ樽醗酵2016,ツヴァイゲルト樽熟成2014,ピノ・ノワール青2015,シャルドネ プライヴェート・リザーヴ2015ピノ・ノワール プライヴェート・リザーヴ2014の赤3&白4です。
 
 

 ここでしか買えない(通販をしていない)スペシャル・キュヴェのプライヴェート・リザーヴ2種が素晴らしかったのは当然のことですが、意外にもピノ・グリが良かったですハート
 

 何本かワインを買わせていただきました♫
 
 

 次はお隣のタキザワワイナリーさんへGO!

北海道ワイナリー紀行 その22017年8月30日(水)

 

DSC_2015

DSC_2015


 
 

オチガビワイナリーさんの次は、ドメーヌ・タカヒコさんです。
 
 

 その前に少し時間がありましたので、ニッカウイスキー余市蒸留所へ。
 ガイドさんがていねいに説明してくださるので、楽しく見学できました。
 
 

 約束の時間(午後4時)にドメーヌ・タカヒコさんに到着です。
 

 当主の曽我貴彦(そが・たかひこ)さんにお会いしました。
 写真で見るよりずっとお若い印象でした。
 

 ご存知の方も多いと思いますが、実兄の曽我彰彦(そが・あきひこ)さんは信州の小布施ワイナリーで活躍しておられ、日本ワインの革命児と呼ばれる「ウスケボーイズ」のひとりです。
 

 彼もまた兄と同様、日本ワインの革命児たらんと5ヘクタール弱のブドウ畑にはピノ・ノワールのみを植え、無農薬有機栽培で育てています。さらに酸化防止剤を使用せずに醸造を行い、2015ヴィンテージからは瓶詰時も使用していません。驚きです!
 

 ブドウ畑で夕日を横から受けた彼のたたずまいにヴィニュロン(ブドウ栽培家)としての矜持を感じました。
 

 彼のワイン愛にあふれたお話しは、参加者のみなさんも十分に満足されたのではないでしょうか。
 
 

 余談ですが、長男坊(5歳くらい?)の父の仕事を見る真摯な瞳が印象的でした。
 
 

 つづく。

北海道ワイナリー紀行 その12017年8月29日(火)

 

DSC_1953

DSC_1953


 
 

 8月26日(土)と27日(日)の2日間、NHK文化センター企画監修による「細谷志朗先生が案内する 日本ワインの新天地 北海道ワイナリー紀行」に行ってきました。
 

 タイトルは少し気恥ずかしいのですが、昨年の北海道旅行(下見を兼ねて)で行ってきましたワイナリーからおすすめのワイナリー4件をめぐる旅のご報告です。
 
 

 26日(土)午前8時、ホテルを出発。めざすは余市のオチガビワイナリーです。
 

 専務の落希一郎さんのユーモアあふれるトークが炸裂です!
 ワイン造り40年以上のキャリアを持つ落さんの日本ワインに対する愛を感じました。
 

 併設のレストランでのフレンチのコースがまた感動モノでした。
 もちろん合わせるワインはオチガビさんの泡、白、赤2種でこれまた結構なお味でした。
 

 参加者のみなさんにもたいへん喜んでいただけました。
 
 

 つづく。

5月20日レキプ・ド・ヴァン 200回記念 満員御礼2016年5月22日(日)

 
LEquipe201605
 
 

 リブゴーシュの月例ワイン会「レキプ・ド・ヴァン(ワインの仲間)」が200回を迎えることができました。
 

 ありがとうございました!
 
 

 200回(足かけ17年!)を迎えられましたのもひとえに皆様方のご厚情の賜物と改めて感謝申し上げる次第でございます。
 
 

 また、素晴らしいワインをご提供いただきましたKH様、SY様、本当にありがとうございました。
    美味しいケーキをご提供いただきましたNご夫妻様、KT様、YM様、本当にありがとうございました。
    めずらしいチーズをご提供いただきましたKN様、本当にありがとうございました。
 
 

 300回は順調にいきますと2024年9月になります。
 
 

 今から楽しみです!!!

 

3月21日(祝)音楽とワインの素敵なマリアージュⅣ2015年2月19日(木)

 

 
 

 この度,ピアニストの河村泰子様をお招きして「音楽とワインの素敵なマリアージュⅣ」を企画いたしました。
 
 
 今回はスペシャル企画として、トロンボーン奏者の村田厚生様とのデュオをお届けします。
 

 春分の日の午後,さくらの季節にさきがけて「ピアノ&トロンボーンの演奏とワイン」
 のコラボレーションをお楽しみください。
 

 みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。
 
 

               記

 
 

 タイトル:「音楽とワインの素敵なマリアージュⅣ」
 

 日時:2015年3月21日(祝)15:00~17:00
 場所:ワインガーデン・リブゴーシュ
 住所:芦屋市公光町4-18 電話:0797-21-5156
 

 演目:前半は,ピアノソロコンサート。
    作曲家 吉松隆の『プレイアデス舞曲集』より。
    湖面に舞い散った花びらがゆらゆら漂うようなうっとりした春を。
 
    後半は,トロンボーンとのデュオ。
    プーランク作曲『愛の小径』,武満徹 作曲『うたうだけ』他…,
    軽やかで軽快な春を。
 

 ワイン:赤)ピノ・ノワール ウイリアムズ・ヴィンヤード(コヤマ・ワインズ)
      白)リースリング ル・ヴェール・エ・ダン・ル・フリュイ(ジェラール・シュレール)
 

 会費:4,000円(2グラス&コンサート料込)
 定員:20名様

 以上。

9月23日(祝)音楽とワインの素敵なマリアージュⅢ2014年9月12日(金)

 

 
 

 この度,ピアニストの河村泰子様をお招きして「音楽とワインの素敵なマリアージュⅢ」を企画いたしました。
 

 秋分の日の午後,行く夏を惜しみながら「ピアノの演奏とワイン」
 のコラボレーションをお楽しみください。
 

 みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。
 
 
               記
 

 タイトル:「音楽とワインの素敵なマリアージュⅢ」
 

 日時:2014年9月23日(祝)15:00~17:00
 場所:ワインガーデン・リブゴーシュ
    住所:芦屋市公光町4-18 電話:0797-21-5156
 演目:今回のテーマは「夢」
     前半は,作曲家 吉松隆の幻の原点≪優しき玩具≫第3集より。
     夢にみちあふれた少年・少女の世界へいざないます。
     後半は,バッハ/グノー,シューベルト,カッチーニの『アヴェ・マリア』
     ドビュッシー,フォーレ,リストのしっとりした『夢』の世界へ…。
 ワイン:<スパークリング> アグスティ・トレジョ・マタ グラン・レセルヴァ・バリッカ
     <赤ワイン> シャトー・デュ・テルトル
 会費:4,000円(2グラス&コンサート料込)
 定員:20名様
 
 以上。

10月12日第3回芦屋バルに参加します。2013年9月20日(金)

 
 

 当店も10月12日(土)開催の第3回芦屋バルに参加します。
 
 

 当日は芦屋の街中すべてお祭りモード
 
 

 
 

 さて,当店のバルメニューは,ウーピーキッチンさんとのコラボレーション。
 

  豆とオレンジのサラダ,トルティーヤ,魚のオーブン焼き
 
  そしてドリンクは,キールロワイヤル
 

  もちろん,お酒の飲めない方にソフトドリンク
  (自然派グレープジュース,ウーロン茶)もご用意しております。
 
 
 アペリティーヴォに最適なラインナップです。
 
 
 ぜひ,芦屋バルの最初にお立ち寄りください。
 
 
 
 ご来店を心よりお待ち申し上げております。

5月25日第2回芦屋バルに参加します!2013年4月23日(火)

 

 
 

 当店も5月25日(土)開催の第2回芦屋バルに参加します。
 

 詳しくは→芦屋バル公式ページ
 

 当日は芦屋の街中がすべてお祭りモード。
 
 

 さて,当店のバルメニューは,ウーピーキッチンさん(詳しくは→こちら)とのコラボレーション。
 

 ピットレ,野菜のババロア,スペインオムレツ
 

 そしてドリンクは,キールロワイヤル
 

 もちろん,お酒の飲めない方にソフトドリンク
 (自然派グレープジュース)もご用意しております。
 
 

 アペリティーヴォに最適なラインナップです。
 
 ぜひ,芦屋バルの最初にお立ち寄りください。
 
 

 ご来店を心よりお待ち申し上げております。

10月27日サトウワイン テイスティングセミナーのお知らせ2012年10月1日(月)

 

 
 

 さて,昨年に引き続き,ニュージーランドからサトウワインのオーナー佐藤嘉晃(さとう・よしあき)氏をお迎えして,2011年産ピノ・ノワール(サトウワイン)のテイスティング・セミナーを以下の要領にて開催いたします。
 
 

 当日はサトウワインを含めまして3種類のピノ・ノワールの比較試飲を行います。
 
 

 佐藤さんのワイン造りにかける熱い情熱にふれるチャンスです。
 この機会をお見逃しなく。
 
 
 

☆日時:2012年10月27日(土)午後2時~ 
☆場所:ワインガーデン・リブゴーシュ  
     でんわ:0797-21-5156
☆会費:3,000円
☆定員:15名様
 
 

※参加を希望されるお客様はできるだけお早めにご連絡ください。
 
 みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。