美酒礼賛 第19回2017年10月17日(火)

 
Benoit-Lahaye-Brut-Nature
 
 

 第19回は泡物です。自然派シャンパーニュの東の横綱がジャック・セロスだとすると、西の横綱はブノワ・ライエかも。今回は、そんなブノワ・ライエの入門シャンパーニュのご紹介です。
 
 

 NV ブリュット・ナチュール・グラン・クリュ(ブノワ・ライエ)
 生産地:フランス,シャンパーニュ地方シャンパーニュAOC
 生産者:ブノワ・ライエ
 品 種:ピノ・ノワール90%,シャルドネ10%
 
 

 まずは、ブノワ・ライエの説明から。
 モンターニュ・ド・ランスの特級畑ブジー村および近隣の村にブドウ畑を計4.5haほど所有する小さなレコルタン・マニピュラン(自社畑のみからシャンパーニュを造る生産者)です。1996年シャンパーニュの元詰を開始。2007年にはエコセールより有機栽培の認証を取得。2009年にはビオディナミに転換。2002年に醸造家エルヴェ・ジュスタンと出会い、それ以降ジェスタンとの交流の中(コンサルタント契約は結んでいない)でライエのシャンパーニュは劇的に進化しつつあります。
 
 

 では、早速抜栓してみましょう。
 色調がいいんです。ほんのりピンクがかった淡い黄色です。おそらくピノ・ノワールの色素が少しでているのでしょう。香りは熟したリンゴやナシにほんのりライムのニュアンスも。一口含むと、濃厚な果実味とのびやかな酸とのバランスが素晴らしいです。濃厚でありながら、決して重くはなく、フィニッシュには洋ナシの風味が残り、キリッとした酸でしめくくります。
 
 

 3年前にもこのブリュット・ナチュールを試していました。そのときも純粋で自然な果実味が美しく表現されていることに驚かされました。しかし残念ながら今回のものとは酸の質が異なるのか、味わいに少しメリハリを欠いていて、飲んでいてピンとくるものがありませんでした。ですが、今回のものはデキが違のです! すでにモンターニュ・ド・ランス最良のレコルタン・マニピュラン(自社畑のみで造るシャンパーニュの小規模生産者)のひとりと評価を得ているブノワ・ライエですが、この3年間で彼はさらに進化したのです。

 
 

 参考価格:7,400円(税別)